非エンジニアや初心者でもわかる!人気のPHPフレームワーク5個の特徴を解説|
フリーランスエンジニアの求人案件・仕事、募集サイトならSEプランナー

電話番号

無料登録
関連する案件:フリーランスエンジニアPHPシステムエンジニア(SE)
フリーランスエンジニア向けのIT求人・案件TOP お役立ちコラムコラムスキル非エンジニアや初心者でもわかる!人気のPHPフレームワーク5個の特徴を解説

POST DATE | 2019.05.30

非エンジニアや初心者でもわかる!人気のPHPフレームワーク5個の特徴を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

PHPフレームワークは種類がたくさんありますが、その中でも特に人気があるのが「Laravel」「CakePHP」「CodeIgniter」「Symfony」「FuelPHP」の5つです。PHPフレームワークにもトレンドがあるのでシェア数は変動しますが、この5つは世界的に主要なフレームワークであるため、押さえておくとよいでしょう。

本記事では、これら5つのPHPフレームワークの特徴を比較解説します。需要や学習コストも加味して、どのPHPフレームワークを習得するべきか、よく検討してみてください。

人気のPHPフレームワーク

主要な5つのPHPフレームワークの検索数をGoogleトレンドで比較してみると、以下の結果になりました。

【登録無料】高単価の直案件の紹介はこちらから

青色:CakePHP
赤色:Laravel
黄色:Symfony
緑色:FuelPHP
紫色:CodeIgniter

検索数の傾向を見ると、2017年まではCakePHPが最も人気がありましたが、2019年現在、Laravelが追い抜いています。Laravelが登場したのは2011年と比較的に新しいですが、多くのエンジニアに支持される人気のフレームワークとなりました。

ここからは、各PHPフレームワークの特徴を解説しますので、トレンドも加味して比較してみてください。

Laravel


出典:Laravel

Laravelは2011年にリリースされたPHPフレームワークです。GitHubではエンジニアからの評価が最も高く、世界的に注目を集めています。

Laravel(ララベル)はコードが美しく、書きやすいのが特徴です。クセが少ないため、初心者でも学びやすいフレームワークといえます。

Laravelは規約が少ないため自由度が高く、柔軟に開発ができるフレームワークです。日本でも人気が上昇しているので、日本語情報が増えてくると、より学習しやすくなるでしょう。

Laravelの経験者を求めるエンジニアの案件求人数も増えてきているため、習得して損はないPHPフレームワークです。

CakePHP


出典:CakePHP

CakePHP(ケイクピーエイチピー)は2005年からあるPHPフレームワークで、国内外で安定した人気を誇っています。現在はLaravelに人気を追い抜かれているものの、エンジニア求人案件が豊富にあるので、習得しておきたいPHPフレームワークです。

CakePHPは、Ruby on Railsに大きな影響を受けて開発されました。シンプルに簡単にウェブ開発できるように設計されていて、ウェブアプリケーションを高速に開発できる機能が盛り込まれています。

Ruby on Railsに倣って「設定より規約」を採用しており、規約を学ぶことでコード量を減らせるのが特徴です。規約を覚えるための学習コストはかかりますが、習得すれば開発コストを減らせます。

CakePHPは公式のドキュメントが日本語対応していますし、コミュニティが活発であるため、情報収集がしやすいのも特徴です。

CodeIgniter


出典:CodeIgniter

CodeIgniter(コードイグナイター)は、2006年にリリースされました。

CodeIgniterはCakePHPと比べると規約が少なく、コーディングの自由度が高いです。コード量を最小に抑えた開発ができ、ソースが軽量で高速に動作します。

MVCモデルを採用しているため、処理を「モデル(ビジネスロジック部分)」「ビュー(画面表示部分)」「コントローラ(制御部分)」の3つに役割分担することが可能です。MVCによって機能ごとの独立性を高めることで、分業がしやすくなり、保守性も高まります。

CodeIgniterは、ほかのPHPフレームワークと比べて学習コストが低く、日本語ドキュメントも充実しているため、習得しやすいといえるでしょう。

Symfony


出典:Symfony

Symfony(シンフォニー)は、2005年にリリースされたPHPフレームワークです。

Symfonyは、MVC model2をベースにしたPHPフレームワーク・Mojaviから派生しました。また、CakePHPと同じく、Ruby on Railsに影響を受けています。

Symfonyは多機能で、大規模開発での実績もあるPHPフレームワークです。Yahoo!でも採用されていたことがあるくらいで、他のフレームワークより大規模開発に向いています。

覚えることが多く学習コストが高いですが、大規模開発の案件を狙うのであれば習得を狙いたいフレームワークです。英語のドキュメントは充実していますが、日本語サイトが少ないため、英語での読解が苦手という方には学習のハードルが高いかもしれません。

FuelPHP


出典:FuelPHP

FuelPHP(フューエルピーエイチピー)は、2011年にリリースされたPHPフレームワークです。他のフレームワークへの不満からプロジェクトが生まれ、CodeIgniterの開発者も携わっています。

FuelPHPの特徴のひとつは、CodeIgniterと同様に「規約より設定」を重視して開発されている点です。覚えるべき規約が少なく、導入も手軽であるため、学習コストが低いフレームワークといえます。

軽量なフレームワークであり、高速に動作するのもFuelPHPの特徴です。ほかには、HMVCという独自の仕組みを採用しているのも特徴で、モジュールを越えたコントローラの呼び出しができます。

CakePHPやLaravelと比べてシェア数は多くありませんが、FuelPHPの使用経験を求める案件もあります。ただし、どちらかというと小規模なWeb開発向けのフレームワークであるため、大規模な開発には向いていません。

主要なフレームワークを勉強して仕事に役立てよう

現在、特に人気のあるPHPフレームワークは、LaravelとCakePHPです。Laravelは急速にシェアを伸ばしているので、比例して案件数も増えてきています。

PHPフレームワークの経験を必須スキルとしているエンジニアの求人案件も多いので、主要なフレームワークを習得しておけば仕事に役立つでしょう。求人検索をして、需要の多いフレームワークを勉強するのもひとつの手です。

フレームワークによって規約や機能が異なりますし、学習コストにも差があるので、これらの点も加味して比較してみてください。

おわりに:まずはひとつPHPフレームワークを習得してみよう

複数のPHPフレームワークを扱えたほうがいいですが、あれもこれも手を出すと、学習が中途半端になってしまいます。欲張らず、ひとつに絞ってPHPフレームワークを習得してみましょう。

フレームワークを習得すれば開発スピードが上がりますし、保守性が高くなります。また、エンジニアとしてステップアップにもつながるので、PHPフレームワークをひとつ習得してみてはどうでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

案件数20,120件 開発会社が運営だからフリーランス向けの優良案件多数

5つの魅力

常駐型フリーランスとは

個別相談会

謝恩忘年会

ご利用者の声