最終更新日:2019/10/22

今すぐ高単価の案件を紹介してもらう

SEプランナー登録はこちらから

  • 完全無料
  • 万全のプライバシー保護
  • しつこい連絡は一切なし
お名前をご入力ください
STEP
STEP
STEP
お名前

次へ進む

ご連絡先をご入力ください
STEP
STEP
STEP
メールアドレス
お電話番号
 -  - 

次へ進む

戻る

スキルシートをお持ちの方はアップロードしてください
STEP
STEP
STEP
スキルシート

個人情報の取扱いについてご同意の上、
「同意して無料で登録する」ボタンをクリックしてください。

戻る

【Python案件最新情報】働く前に知っておきたい平均単価・特徴・将来性まとめ

いまや機械学習やAI技術の発展の波に乗って、世界で一、二を争うほどの大きな注目を浴びている言語「Python」。

しかし、Pythonを学んだことがない、今後Pythonを用いた業務に就きたいと考えているエンジニア志望の方にとっては、いったいPythonがどのような言語なのか、どういった特徴があるのかをきちんと理解できていないのではないでしょうか。

また、今後新たな職場を探したり、フリーランスエンジニアに転身したりする方にとって、Pythonの案件はどの程度の平均単価なのか、将来性はどうなのかということは非常に気になるところでしょう。

本記事では、Pythonの平均単価・特徴・将来性にフォーカスを当てて、Pythonがどのような言語なのかをご紹介します。

Pythonとは?

Pythonとは、ごく簡単に言うと「複雑な計算が簡単にできる言語」です(詳細は後述いたします)。この特徴が故に、Pythonは機械学習・深層学習などと相性が良いとされています。

Pythonは、主にビッグデータ解析を伴ったマーケティング業務や、自然言語処理・画像解析といった高度な計算を伴うアプリケーション開発といった、データサイエンス分野での現場で重宝されることが多いようです。

また、サーバサイドへの親和性も高いことから、Webアプリケーションの開発分野などでも多く用いられています。そのため、オンラインゲーム・サービスの開発などにも活路を見出すことができるでしょう。

Pythonの特徴と人気の理由

アメリカのCBS Interactive社が発行しているオンラインマガジン「TechRepublic」にて発表された「2019年のエンジニアが学びたいプログラミングTOP10」では、PythonがTypeScriptやScalaといったモダン言語を抑えて堂々の3位につけました。
(出典: Top 10 programming languages developers want to learn in 2019 – TechRepublic

それでは、なぜPythonはここまでにエンジニアからの人気を勝ち得たのでしょうか? 以下では、Pythonの持つ特徴とその人気の理由をご紹介します。

Pythonの特徴

Pythonにはいくつかの特徴がありますが、その中でも特筆すべきは「言語の可読性の高さ」「高度なライブラリの充実」の2点でしょう。

言語の可読性の高さ

そもそもPythonは、「The Zen of Python」と呼ばれる基本的な思想を基にした言語です。

Beautiful is better than ugly. (醜いよりは美しいほうが良い。)
Explicit is better than implicit. (暗示するよりは明示する方が良い。)
Simple is better than complex. (複雑よりもシンプルなほうが良い。)
Complex is better than complicated. (ただし、ごちゃつくよりは複雑なほうが良い。)
Flat is better than nested. (入れ子構造は多用しない。)
Sparse is better than dense. (密集するよりも隙間が空いていたほうが良い。)
Readability counts. (可読性は高くする。)
……(後略)

(出典: PEP 20 — The Zen of Python | Python.org

このような思想を持っているPythonは、当然のごとく非常に簡素でかつ読みやすい文法構造を取ります。例としては、よくありがちな「{}(中カッコ)」は使われずにインデントで表現されたり、「;(セミコロン)」は必須でなかったり、などが挙げられるでしょう。

もちろんそのコードの可読性は各エンジニアによってまちまちとなりますが、少なくともJavaやPerlといった言語に比べれば、その可読性は往々にして高くなります。

高度なライブラリの充実

Pythonには上述したように、データサイエンス分野などに必須となる高度な数学的処理を容易に行えるようなライブラリが充実しています。

例えばファイルの入出力などをすべてデフォルトで行えるようになっている標準ライブラリや、データサイエンス分野の基本となる数値計算用ライブラリ「NumPy」「SciPy」、自然言語処理に特化した「Stanford NLP」などが挙げられるでしょう。

また、さらに応用的なものとしてはGoogleが公開しているニューラルネットワークライブラリ「TensorFlow」や、機械学習実装に必要なほぼすべての機能を内包している「scikit-learn」なども多く用いられています。

こういったライブラリはほぼすべてC/C++で記述されているため、実行速度や互換性なども高い水準で保たれています。もちろんFortranやJava、JavaScriptなどには敵いませんが、ある程度の実行速度で高度な計算を容易に行えるのもPythonの特徴のひとつでしょう。

人気の理由

上述したような特徴から、Pythonは大きな人気を得ています。他にも、サーバー・クライアント通信への応用が用意であることや、オブジェクト指向設計によるモジュール化の簡便さなども人気の理由のひとつでしょう。

特に近年、ハードウェアの発達やビッグデータ分析・自然言語処理の需要拡大に伴うデータサイエンスの発展に伴って、習得しやすく比較的モダンな設計思想となっているPythonが人気を得たと推測されます。

Python案件の平均単価・平均給与

求人検索エンジン「スタンバイ」調べによると、Pythonエンジニアの年収中央値は575万円ほどだと調査されています。
(引用: プログラミング言語別年収中央値を発表、求人検索エンジン「スタンバイ」調べ

また、フリーランスエンジニア向け案件紹介サービス「SEプランナー」で調査したところ、Python案件での平均単価はおよそ70万円、年俸にして約800万円でした。フリーランスエンジニアには高い給与が支払われる傾向があり、その傾向が強く出た印象です。
(引用: Pythonのフリーランス案件・求人情報なら【SEプランナー】|優良案件のご紹介

【最新】Python案件の特徴

上で述べた特徴から、最新のPython案件にはデータサイエンス分野を活かした顧客分析・マーケティングシステム開発での案件が多い印象を受けます。

しかし、こういった分野には高度な数学的知識が必要となる場合もあり、案件によっては情報系修士・博士といったバックグラウンドを持ち合わせていることが要求されることも多いようです。

また、Ruby on RailsやGo、Javaといった他のWeb系言語と組み合わせたシステム構築・データベース構築といった案件も多く見られました。

こういった案件には、高度な知識は重視されない反面でSE・PGとしての豊富な経験や幅広い知見が求められる場合も多く、インフラ系統の知識がある程度要求されることもあります。

Python案件ではさまざまな技術的方面の案件がある一方で、どれが自分に合っている案件なのかを見極めにくいという特徴もあります。自分の持っているバックグラウンドと案件リストをよく吟味して、ぴったりな案件を決定できるといいですね。

今後どうなる?Pythonの将来性

これからの将来、さらに情報科学・情報工学といった分野は発展を見せていくと推測されます。このことから、今後もPythonという言語やPython案件には大きな需要が見込めるのではないでしょうか。

また、Pythonという言語の性質だけとっても、Web系言語との親和性の高さや可読性の高さ、機械学習分野以外にも非常に豊富なライブラリなど、今後Pythonという言語が発展していく材料は十二分に揃っていると言えるでしょう。

もちろん、これからPythonを上回る仕様の言語・フレームワークが登場することによって、新規開発の案件が減っていくということはあるかもしれません。しかし現状Pythonが多く採用されていることから、システム保守案件などで引っ張りだこになることも推測できます。

今からPythonエンジニアを目指すなら

もしイチからPythonエンジニアを目指すのであれば、「ドットインストール」や「Progate」などといったプログラミング学習サイトを使用し、Pythonの基礎を習得するといいでしょう。

また、既にある程度の知識を手にすることができているのであれば、「Qiita」などのサービスを用いて最新の情報や技術を仕入れておきましょう。

従来のように参考書を片手にする学習は、飽きっぽい方には不向きだったり、自分の得意・不得意が分かりにくいなどという欠点がありました。

しかし、こういった学習サイトやサービスを使って、ひとつひとつの課題に手を動かしながら学習することで、習得も速くなるとともに目標を設定することが簡単になり、長く学習を続けることができるようになります。

そして、知識をインストールすることができたあとは、いよいよエンジニアとしての案件探しとなります。

しかしながら、単なる技術習得とは異なり、就活や転活を個人ですべて行うのは非常に困難なものです。1つや2つの案件を探し出すことはできても、その案件を他と比較したり、より良い条件の案件を発掘することは難しくなるでしょう。

こういった観点から、案件を探すにはプロの手を借りることが一番の近道と言えます。プロの手に案件探しを任せることで、その空いた時間をさらなるスキルアップに充てることもできるようになるでしょう。

おわりに

Python自体はかなり古い歴史を持つ言語ですが、ここ数年で需要の拡大を見せています。また、今後もPythonの市場は伸びて行くと予測でき、これからエンジニアとして参入するにはうってつけのフィールドだといえるでしょう。

Pythonのスキルや、機械学習・深層学習などの知識を持ったエンジニアはとても重宝されます。ぜひこの機会に、Pythonへ取り組んで案件を探してみてはいかがでしょうか?

無料SEプランナーはフリーランスエンジニア向けの案件情報サイトです

開発会社が運営しているSEプランナーは、高待遇で上質な案件が多数揃っています。
専門知識のあるスタッフが、フリーエンジニアのみなさまにぴったりな案件をご紹介いたします。

フリーエンジニアのみなさまに選ばれる理由
★技術力が強みの開発会社が運営
★エンド・元請け直案件が豊富
★案件紹介などのサービスはすべて無料
専門知識が豊富な担当者によるサポート
★有料職業紹介ではなく請負・受託案件のご相談

無料登録をして
案件を紹介してもらう