最終更新日:2019/10/17

今すぐ高単価の案件を紹介してもらう

SEプランナー登録はこちらから

  • 完全無料
  • 万全のプライバシー保護
  • しつこい連絡は一切なし
お名前をご入力ください
STEP
STEP
STEP
お名前

次へ進む

ご連絡先をご入力ください
STEP
STEP
STEP
メールアドレス
お電話番号
 -  - 

次へ進む

戻る

スキルシートをお持ちの方はアップロードしてください
STEP
STEP
STEP
スキルシート

個人情報の取扱いについてご同意の上、
「同意して無料で登録する」ボタンをクリックしてください。

戻る

【Linux案件最新情報】働く前に知っておきたい平均単価・特徴・将来性まとめ

エンジニアの皆さんやエンジニア志望の方ならご存じ、WindowsやMac OSに次ぐ第三のOSこと「Linux」。特に業務用のサーバーなどには導入されていることが多く、Linuxに関する案件も多く見られます。

しかし、Linux案件はどの程度の単価が相場なのか、将来性はどうなのか?が気になる方も多いはず。また、Linuxの特徴を抑えておくことでより良い案件に出会うこともできるでしょう。

本記事では、Linux案件の平均単価や特徴、将来性についてご紹介します。

 

Linuxとは?

そもそもLinuxといえば、世界中で最も普及していると言われている、オープンソースなUNIX系OS(オペレーティングシステム)のことです。そして狭義では、LinuxとはOSの基本的な機能を担う「カーネル」というモジュールを指します。

そのため、Linuxには「ディストリビューション」と呼ばれる概念が存在しており、ディストリビューションの開発者たちはLinuxカーネルに加えてさまざまな機能を追加して配布パッケージとするのです。

こういったLinuxは、さまざまな分野で応用されています。例えばサーバー用OSとしてはRed HatやCentOS、Ubuntuといったディストリビューションが用いられており、サーバーの開発・構築や保守をするエンジニアにはこういったディストリビューションに関する知識や、必要に応じて各種モジュールを修正する技術が必要です。

また、家電やマイコンなどに組み込むための組み込み用OSとしてもLinuxは重宝されています。Windowsなどとは異なり、Linuxディストリビューションを開発することでほぼどのような機能でも実現することが可能なのがその理由といえるでしょう。

 

Linuxの特徴と人気の理由

それでは、Linuxが人気な理由とはいったいどのようなものなのでしょうか。以下では、Linuxの特徴と人気の理由に迫っていきます。

Linuxの特徴

Linuxにはいくつもの特徴がありますが、そのどれもが突き詰めると「Linuxはオープンソースである」という特徴にたどりつきます。

Linuxでは、上述した通り「カーネル」と呼ばれる核となる部分を除いて、すべてが周囲のモジュールを製作するエンジニアにゆだねられています。そのため、Linuxを用いればあるサーバーや組み込み用マイコンなどに特化してチューニングされたOSを開発することも可能になるのです。

また、オープンソースであるということはその脆弱性が判明したときにエンジニアがその対応を行い、パッチを当てられるということでもあります。そのため、Linuxは中規模~大規模のサーバー構築にて非常によく用いられるとされています。

WindowsやMacOSなどを独自で改変する行為は著作権法などに引っかかる可能性もある一方で、Linuxは原則としてエンジニアによる改変が自由に行えます。これがWindowsやMacOSなどのソースコードが公開されていないOSとの大きな違いと言えるでしょう。

人気の理由

こういった背景からLinuxの需要は高く、インターネットというものが普及してから今に至るまで、Linuxは大きな人気を誇っています。

特に近年では、IoTの発展やプロセスルールの微細化などによってLinuxの組み込み開発やサーバー構築などへの需要が高まっており、これもLinuxが人気の理由のひとつと言えるでしょう。

 

Linux案件の平均単価・平均給与

Linuxエンジニアという枠に絞っての平均給与については、現在のところ子細な統計調査は行われていません。ですが、もう一つ大きな枠「インフラエンジニア」として考えると、リクルート社の運営する「Tech総研」にて統計調査が取られています。

これによると、30代前半でのインフラエンジニアの平均年収はおよそ575万円。最高水準では700万円ほど、最低水準は400万円超という結果になっていました。

(引用: <a href=”https://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=002284″>30代エンジニア2180人に聞いた平均年収の実態と満足度|【Tech総研】</a>)

また、フリーランスエンジニア向け案件紹介サービス「SEプランナー」のLinux案件では、月単価がおよそ60~70万円、年俸にして約700~800万円といった案件があります。フリーランスエンジニアの報酬は正社員に比較して高くなる傾向があり、今回もそれが顕著にあらわれたと考えられます。

 

【最新】Linux案件の特徴

ここ数年、クラウドを用いた案件が非常に多くなっています。Linux案件でもそれは顕著で、自前のサーバー構築のみならず、AWSなどのパブリッククラウドとの連携、Dockerなどを用いたコンテナ管理などの知識も多く要求される場合があります。

また、Linuxの開発に必要なC言語の習得はもちろんのこと、最近ではPythonやNode.jsの読み書きスキルなどが要求される場合も多くなっているように見受けられます。

セキュリティ対策なども年々高度化しており、OSを組み込むハードウェアも多様化が進んでいます。Linux案件では、Linuxに関する知識に精通したスペシャリストとともに、さまざまな分野を幅広く知っているジェネラリストにも需要が出てきていると言えるでしょう。

 

今後どうなる?Linuxの将来性

Linuxはさまざまなソフトウェアの基盤を担うOSであり、他のOSには無い柔軟性から今後も多く用いられていくでしょう。このことから、Linuxエンジニアの需要は高止まりし、今後しばらくは非常に重宝されるのではないでしょうか。

ただし、上述したようにLinuxやその周辺技術にまつわるトレンドは日々変化しています。Linuxエンジニアを目指すのであれば、IaaSやPaaS、その他データベース・ネットワーク系の知識を幅広く取り入れ、アンテナを広く張っておくことが重要でしょう。

 

今からLinuxエンジニアを目指すなら

 

これからLinuxエンジニアを目指すのであれば、はじめにインフラ系・ソフトウェア系の知識を身につけると良いでしょう。特にC言語の開発経験はLinuxエンジニアになるにはほぼ必須と言えます。(LinuxはほぼすべてがC言語で開発されています)

基本情報技術者~応用情報技術者程度のインフラ知識を手に入れたら、Linuxのカスタマイズ・チューニングやセキュリティ系、サーバー構築に関する知識を入手しつつ、コミュニティ活動などに参加していきましょう。

そして、同時に就職活動なども始めていくと良いかもしれません。Linuxエンジニアとしての未経験案件は、原則としてほぼ皆無です。なので、まずは未経験OKのインフラエンジニアとしてキャリアをスタートさせ、そこからコミュニティでの経験などを活かしてLinuxエンジニアにステップアップするのが一般的な道すじとなります。

しかしながら、こういった就職活動・転職活動を1人で行うのは非常に困難です。特にインフラエンジニアの求人では、ソフトウェア開発などのように大々的な募集がされることは少なく、「待ち」の時間がとても多くなってしまうからです。

そういった理由から、案件を探す際にはプロの手を借りるのが最適解と言えるでしょう。プロのエージェントやコンサルタントに案件探しを一任することで、普段は表に出ない求人を探し当ててくれるとともに、時間的な余裕も生まれます。

 

おわりに

Linuxエンジニアには、基本的なサーバー構築や保守といった業務のほかにも、Linuxがより高速に動作するための調整、データベースの最適化、ネットワーク・クラウド通信の実装、Webサービスの開発など幅広い技術が要求されることがあります。

また、近年ではさまざまな最新技術にも応用されつつあります。そういった技術を身につけることで、今後より高い収入や安定した待遇を狙うとともに、日本の次世代を担うエンジニアとなれるかもしれませんね。

無料SEプランナーはフリーランスエンジニア向けの案件情報サイトです

開発会社が運営しているSEプランナーは、高待遇で上質な案件が多数揃っています。
専門知識のあるスタッフが、フリーエンジニアのみなさまにぴったりな案件をご紹介いたします。

フリーエンジニアのみなさまに選ばれる理由
★技術力が強みの開発会社が運営
★エンド・元請け直案件が豊富
★案件紹介などのサービスはすべて無料
専門知識が豊富な担当者によるサポート
★有料職業紹介ではなく請負・受託案件のご相談

無料登録をして
案件を紹介してもらう