最終更新日:2019/10/18

今すぐ高単価の案件を紹介してもらう

SEプランナー登録はこちらから

  • 完全無料
  • 万全のプライバシー保護
  • しつこい連絡は一切なし
お名前をご入力ください
STEP
STEP
STEP
お名前

次へ進む

ご連絡先をご入力ください
STEP
STEP
STEP
メールアドレス
お電話番号
 -  - 

次へ進む

戻る

スキルシートをお持ちの方はアップロードしてください
STEP
STEP
STEP
スキルシート

個人情報の取扱いについてご同意の上、
「同意して無料で登録する」ボタンをクリックしてください。

戻る

【Swift案件最新情報】働く前に知っておきたい平均単価・特徴・将来性まとめ

現在日本で一番多く使われているスマートフォンといえば、iPhoneで間違いないでしょう。

世界的な割合で見るとそこまで高くもないiPhoneの普及率に対して、日本では極めて高く、調査してみると60~70%もの割合の人がiPhoneを使っているという結果が見られました。

そして、そのiPhoneのアプリケーション開発に使われている言語こそ、今回ご紹介するSwiftです。

Swiftは、2014年にAppleから発表されたアプリ開発に特化した言語で、iOSのみならずiPad OSやOS Xを含んだApple製品のアプリケーション開発へ主に用いられています。

しかし、果たしてSwiftとはどのような言語なのか、どういった特徴があるのか、というのをきちんと理解している方は案外少ないと言えるでしょう。また、Swiftスキルを必要とする案件の平均単価や、Swiftエンジニアの平均給与なども気になるところです。

本記事では、こういったSwiftにまつわる情報を調査してみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

Swiftとは?

Swiftは上述の通り、2014年開催の開発者向けイベント「WWDC(Worldwide Developers Conference)」にて発表された、Apple製品向けアプリケーション開発用言語です。

それまでは、「Objective-C」と呼ばれる言語を用いてApple系向けのソフトウェアは開発されてきました。しかし、この言語は1983年に開発されたもので、決してモダンな言語仕様というわけではなく、若干クセがあったことから習得も困難だとされていたのです。

そこでAppleが新たに開発したのがSwiftでした。Swiftは言語仕様がシンプルでありながら、Apple製品向けにチューニングされているため動作が速く、かつ複雑な処理やコンピュータ内部にアクセスするような処理もこなすことができます。

 

Swiftの特徴と人気の理由

それでは、なぜSwiftは現在のような人気を勝ち得たのでしょうか?

Swiftの持つ特徴と、その人気の理由についてご紹介します。

 

Swiftの特徴

Swiftの持つ大きな特徴としては、iOSのアプリケーション開発に最も多く用いられているという点が挙げられるでしょう。

iOSのアプリ開発には、もちろん他の言語を用いることもできはするものの、ライブラリの充実などの理由からSwiftが用いられることがほとんどです。

また、「Playground」と呼ばれる実行環境がSwiftには用意されているため、コードの修正などのたびに実機へとデプロイする必要が無く、開発環境上で修正箇所をチェックすることもできます。

 

人気の理由

こういった点から、iOSやiPad OS、OS XなどといったApple系製品向けのアプリ開発には必ずと言っていいほどSwiftが用いられています。

すなわち、Swiftという言語自体が人気だというわけではなく、そもそもApple製品の人気ゆえにSwiftが人気となっている、という図式が浮かび上がってくると言えるでしょう。

もちろん、Swift自体にもモダンな言語仕様や高速なコンパイラ「LLVM」による迅速な実行速度など、多岐にわたるメリットが存在します。こういった点から、Swiftは人気を勝ち取っているのです。

 

Swift案件の平均単価・平均給与

それでは、Swiftを必要とする案件や、Swiftエンジニアの平均給与はいったいいくらほどになっているのでしょうか。

「求人検索エンジン『スタンバイ』」調べによると、Swiftエンジニアの年収中央値はおよそ550万円となっています。ここで中央値を用いているのは極端に年収が高い一部のエンジニアから影響を受けないためで、概ねこの値は平均年収と考えてよいでしょう。

また、フリーランスエンジニア向け案件紹介サービス「SEプランナー」では、月あたり70万円~90万円ほどの単価が平均となっています。フリーランスという性質上、エンジニアの平均収入よりは高くデータが出ている結果と言えます。

 

【最新】Swift案件の特徴

Swift案件では、やはりiOS向けアプリケーション開発が業務の大半を占めることが多いようです。また、それに付随してAndroidアプリの開発も行われることが多いため、Androidアプリの開発言語であるJavaやKotlinなどのスキルセットも要求されることもあります。

さらに、アプリ開発に伴ったプロジェクトマネジメントや、UI/UXデザイン、テスト設計といったスキルもあるとない良いでしょう。

加えて、既存のObjective-CコードをSwiftへと移植・アップデートしていく業務もしばしば見られます。

 

今後どうなる?Swiftの将来性

SwiftはApple系製品のアプリケーション開発全般に用いられることが多く、言語それ自体の仕様も非常に優れています。そのため、Apple製品が今後とも人気を勝ち得続ける限り、Swiftが廃れていくことはまず考えにくいでしょう。

また、Objective-Cのようにメインストリームの開発言語ではなくなったとしても、保守業務は多く存在し続けると考えられます。加えて言語自体もモダンなものであることから、他言語への移行も極めて容易でしょう。

こういった観点から、Swiftには高い将来性があると考えられます。

 

今からSwiftエンジニアを目指すなら

 

それでは最後に、Swiftエンジニアを今後目指すためにはどのような道をたどればいいのか、簡単に近道をご紹介します。

 

こんな勉強法なら最速で学べる

まず、プログラミングの初学者の方であれば、「Schoo」や「ドットインストール」といったプログラミングの学習サイトでSwiftを学ぶと良いでしょう。こういったサービスでは、Swiftの仕様のみならず、プログラミングの基礎から丁寧に学ぶことができます。

また、プログラミングを既に経験しているエンジニアの方であれば、「A Swift Tour」というAppleの公式ドキュメントをまずチェックしておくとよいでしょう。そのうえで、参考書を読みながら実務的なSwiftのスキルを身につけていくと良いです。

 

就職活動・転職活動はプロに任せるのが賢い

就職活動・転職活動となった場合、なかなか個人ですべてを完結させることは困難です。特に中途採用などを狙っている場合は募集窓口が表向きになっていないことも多く、不慣れな方には特に厳しいと言わざるを得ないでしょう。

そのため、まずはプロの手を借りることを考えましょう。プロの手を借りることで、まだ未公開になっている案件をチェックすることもでき、空いた時間でさらなるスキルの向上を図ることも可能になります。

 

おわりに

SwiftはApple系アプリケーション開発には切っても切り離せない重要な言語です。こういった理由から、Swiftはいま非常に高い人気を誇っているのです。

皆さんもSwiftを学んで、今後のキャリアアップに役立てていきましょう。

無料SEプランナーはフリーランスエンジニア向けの案件情報サイトです

開発会社が運営しているSEプランナーは、高待遇で上質な案件が多数揃っています。
専門知識のあるスタッフが、フリーエンジニアのみなさまにぴったりな案件をご紹介いたします。

フリーエンジニアのみなさまに選ばれる理由
★技術力が強みの開発会社が運営
★エンド・元請け直案件が豊富
★案件紹介などのサービスはすべて無料
専門知識が豊富な担当者によるサポート
★有料職業紹介ではなく請負・受託案件のご相談

無料登録をして
案件を紹介してもらう