最終更新日:2019/10/18

今すぐ高単価の案件を紹介してもらう

SEプランナー登録はこちらから

  • 完全無料
  • 万全のプライバシー保護
  • しつこい連絡は一切なし
お名前をご入力ください
STEP
STEP
STEP
お名前

次へ進む

ご連絡先をご入力ください
STEP
STEP
STEP
メールアドレス
お電話番号
 -  - 

次へ進む

戻る

スキルシートをお持ちの方はアップロードしてください
STEP
STEP
STEP
スキルシート

個人情報の取扱いについてご同意の上、
「同意して無料で登録する」ボタンをクリックしてください。

戻る

【Shell案件最新情報】働く前に知っておきたい平均単価・特徴・将来性まとめ

「いちばん自由度の高いプログラミング言語はなに?」と聞かれたとき、皆さんは何と答えるでしょうか。ライブラリが充実し、どんな数学的演算も可能なPythonでしょうか。それともメモリ領域まで直接いじれるC言語でしょうか?

もちろん各々この答えは違うと思いますが、その回答の1つに必ずや挙がってくるだろう言語が、今回ご紹介する「Shell」です。

Shellは、LinuxのOSシステムを操作するためのスクリプト言語です。Shellは時にLinuxのカーネル(中核)部分までを編集することも出来るなど、他のプログラミング言語とは一線を画した言語だと言えるでしょう。

本記事では、Shellの概要や特徴、Shell案件の平均単価などについてご紹介します。これからShellエンジニアを目指す方、Shellエンジニアとしてキャリアアップを目指す方はぜひご一読ください。

 

Shellとは?

Shellとは、Linuxで主に用いられるOSシステムを確認・編集するための言語です。Linuxではカーネルと呼ばれる中核部分がOSの動作を担っており、このカーネルを直接ユーザーが編集するのはOSが安定的に動作しなくなるというリスクがあるため危険です。

そのため、Shellと呼ばれるスクリプト言語を使うことで、安定的にLinuxが動作するようにしているのみならず、ユーザーが簡単にOSシステムへとアクセスできるようになったのです。

また、Shellはそれらを組み合わせることで、かなり高度な処理を行うこともできます。例えば、

<pre>

<code>

#!/bin/bash

 

function getPrimeNumber(){

num=`expr $1-1`

flg=0

for((i=2; i<$num; i++)){

m=`expr $1 % $i`

if [ $m -eq 0 ]; then

flg=$i

break

fi

}

echo $flg

}

 

numbers=($@)

 

for((i=2; i<=100; i++)){

res=`getPrimeNumber $i`

if [ $res -eq 0 ];then

numbers+=($i)

fi

}

echo ${numbers[@]}

</code>

</pre>

引用: http://wordpress.ideacompo.com/?p=8135

このShellスクリプトは1から100までの素数を出力するスクリプトです。このように、Shellスクリプトは他の言語と同様に用いられることで、OSシステムへのアクセスインターフェースとしての役割とプログラミング言語的な役割の両方を果たすことができます。

 

Shellの特徴と人気の理由

それでは、Shellが人気なのには果たしてどのような理由があるのでしょうか。

Shellの持つ大きな特徴として、上述したようにLinuxのOSシステムに対するアクセスインターフェースとしての役割を持つことが挙げられます。これは他のプログラミング言語にはまったくない特徴であり、唯一無二の人気の理由であると言えるでしょう。

特に、ファイル操作や並列処理などに関しては他のプログラミング言語をしのぐほどのポテンシャルを持っています。加えて、違うプログラミング言語どうしで書かれたコードを繋ぐ役割を担うこともできるのがShellの特徴です。

加えて、ここ最近はクラウド化・Dockerの台頭や身の回りのもののIoT化によって、Linuxが用いられる機会が年々増加しています。そのため、Shellが活躍できる環境もどんどんと増えつつあるのです。こういった時代背景もShellの人気の理由と言えるでしょう。

 

Shell案件の平均単価・平均給与

フリーランスエンジニア向け案件紹介サービス「SEプランナー」では、Shellを用いる案件の単価は50万円~90万円で、平均としては75万円ほどです。全体的に報酬額は高く、フリーランスエンジニアの単価水準が高いことを示しています。

また、上述のように案件によって大きな単価の上下があるのは、Shellが主に副次的なスキルとして見られており、そのほかにどのようなスキルが要求されるかによって単価が変わるからと考えられます。

 

【最新】Shell案件の特徴

Shell案件の全体的に見られる傾向としては、サーバーの構築や基幹システムの刷新といった一からの構築案件が多く、逆にサービスの開発のみといった案件は少ないことが挙げられます。

Shell案件では、エンジニアへの業務としてインフラ系が中心に任されることが多々あり、その副次的なものとしてテスト設計、サーバーの保守・監視、SQLデータベースの調整などが付随することもしばしば見られました。

 

今後どうなる?Shellの将来性

まず結論から言ってしまうと、Shellという言語の将来性はまずまず高いと言えるでしょう。今後Shellがバージョンアップなどによって発展することは見込めないため、言語自体の将来性には乏しいですが、案件の数という面で見ると減ることは考えられないからです。

ShellはLinux系のOSを扱うためにはまず扱わなければならない言語です。そのため、今後数十年スパンでLinuxが衰退していくなどの事態が起こらない限り、需要は一定水準以上を保たれると考えられるでしょう。

また、Linuxの用いられる機会はここ数年で高まりつつあります。さらに、Bash on WindowsのようにWindows環境とLinux環境の共存も図られており、Shellの用いられる機会も徐々に増えて行くことと考えられます。

 

今からShellエンジニアを目指すなら

 

それでは、これからShellエンジニアを目指すにはどうすればよいでしょうか? 最後に、Shellエンジニアになるための最短ルートをご紹介します。

 

こんな勉強法なら最速で学べる

Shellを学ぶためには、まずpaizaトレーニングやドットインストールといったプログラミング学習サイトで基礎を学び、Shellの得意とする処理や文法などを覚えましょう。

その後、自分でLinux環境を用意するなどして、Linuxの基礎を覚えつつ実際にシェルスクリプトを書いてみると良いでしょう。そのとき、ネットワークの知識やサーバー構築の知識なども併せて身につけられるとなお良しです。

最後に実務的なスキルへとつなげるため、LPICなどのLinuxに関する知識を体系化した資格を取得しましょう。こういった資格を取得しておくことで、就職や転職活動がスムーズにいくようになります。

 

就職活動・転職活動はプロに任せるのが賢い

Shellを勉強するのは個人的な独学でもどうにかなりますが、就職活動や転職活動となるとそう簡単には行きません。特にShellエンジニアは案件も少なく、個人的に情報を集めようとしても困難を極めることが多いからです。

そのため、案件の情報を得るためにはプロに任せるのが得策と言えます。特にフリーランスエンジニアとしてデビューを飾りたい場合などは、専門のエージェントなどに依頼するほうが数倍も就職活動・転職活動が楽になります。

 

おわりに

Shellは、「枯れた技術」であるとともに「最新の技術」でもあるという不思議な言語です。Shellを他のスキルセットと組み合わせることで、より大きなキャリアアップを狙うことが出来るでしょう。

皆さんもShellを学んで、Shellエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

無料SEプランナーはフリーランスエンジニア向けの案件情報サイトです

開発会社が運営しているSEプランナーは、高待遇で上質な案件が多数揃っています。
専門知識のあるスタッフが、フリーエンジニアのみなさまにぴったりな案件をご紹介いたします。

フリーエンジニアのみなさまに選ばれる理由
★技術力が強みの開発会社が運営
★エンド・元請け直案件が豊富
★案件紹介などのサービスはすべて無料
専門知識が豊富な担当者によるサポート
★有料職業紹介ではなく請負・受託案件のご相談

無料登録をして
案件を紹介してもらう