最終更新日:2019/10/21

今すぐ高単価の案件を紹介してもらう

SEプランナー登録はこちらから

  • 完全無料
  • 万全のプライバシー保護
  • しつこい連絡は一切なし
お名前をご入力ください
STEP
STEP
STEP
お名前

次へ進む

ご連絡先をご入力ください
STEP
STEP
STEP
メールアドレス
お電話番号
 -  - 

次へ進む

戻る

スキルシートをお持ちの方はアップロードしてください
STEP
STEP
STEP
スキルシート

個人情報の取扱いについてご同意の上、
「同意して無料で登録する」ボタンをクリックしてください。

戻る

【C#.NET案件最新情報】働く前に知っておきたい平均単価・特徴・将来性まとめ

C#.NETは、ここ数年ものすごい勢いで普及してきているフレームワークのひとつです。特にC#がUnityの開発用言語として採用されて以降、.NETとUnityの汎用性を両方とも活かせるとだけあって、非常に高い人気を博してきました。

また、その実行速度の高速さや、ガベージコレクションやファイル管理などの機能の充実もあって、業務用アプリケーションの開発にもC#.NETは多く用いられています。

しかし、まだC#.NETを学び始めたばかりの方にとっては、C#.NETがどのようなフレームワークなのかをまだ掴みきれていないことでしょう。また、C#.NETエンジニアの皆さんにとってC#.NET案件の平均単価や将来性は気になるところです。

本記事では、C#.NETの概要や特徴、C#.NET案件の平均単価やC#.NETの将来性などについてご紹介します。C#.NETのことを深く知って、キャリアアップにつなげていきましょう。

C#.NETとは?

C#.NETとは、プログラミング言語「C#」が.NETを元に拡張されたプログラミング言語、およびその機能群(フレームワーク)のことを指します。C#.NETは2002年にマイクロソフト社から開発・公開されました。

C#.NETの文法構造は原則としてC系言語(特にJava)と類似していますが、.NETとの親和性向上、安全な型変換などのために一部の構文が異なります。また、開発者であるアンダース・ヘルスバーグが以前開発したDelphiからの影響も節々に見られます。

原則として「C#」と「C#.NET」は同義と扱われる場合が多いですが、厳密な意味のイメージとしては「C#はプログラミング言語そのもの(言語の仕様)」「C#.NETは.NETによって拡張されたものを含む言語の機能(フレームワーク)」と覚えておけばよいでしょう。

ちなみに.NETとは、マイクロソフト社が提唱しているアプリケーション構築のためのライブラリならびにフレームワークの総称です。現在では主に「.NET Framework」と「.NET Core」が知られており、これらを用いることで堅牢かつ容易なアプリケーションの構築が可能になります。

C#.NETの特徴と人気の理由

それでは、C#.NETはどのような特徴によりその人気を獲得したのでしょうか。以下ではC#.NETの特徴と、その人気の理由をご紹介します。

C#.NETの特徴

C#.NETの持つ主な特徴として挙げられるのは、.NETのバックアップによる強力な機能群、そして初学者のとっつきやすさの2点となるでしょう。

C#.NETが持つ.NETの機能群は、オブジェクト指向の導入やプロセッサ・アーキテクチャどうしの互換性保持、セキュリティ性の向上、ガベージコレクタなどによるメモリ管理など、一から実装するには途方もなく工数がかかる処理を容易に用いられるようにしています。

こういったフレームワークの特徴は、テスト設計の簡便化や実行環境の拡大、保守・改修の容易化などといった恩恵をもたらします。特にGUI設計の容易さは特筆すべき点で、Visual Studioと併用すればドラッグアンドドロップでのWindowsアプリケーション開発も可能です。

また、C#.NETはC系言語と構文の類似性が高く、VB.NETほど仕様にクセもないため、初学者が学習を始めるのに適している言語だと言われています。特に近年ではUnityでの開発も行えることから、ゲームクリエイター志望の初学者にも非常に人気となっています。

人気の理由

こういった特徴から、C#.NETは大きな人気を獲得しました。堅牢性という側面から業務用アプリケーション開発などに用いられる場合も多く、ASP.NETと併用することでWebサービスの構築も可能となっています。

さらに上述した通り、C#.NETはUnityの開発言語として採用されていることから、モバイルアプリケーションの開発やゲーム開発、VRアプリケーションの開発などにも高い頻度で用いられ始めています。

C#.NET案件の平均単価・平均給与

それでは、C#.NETの開発案件ではどの程度が平均的な単価・給与となっているのでしょうか。

フリーランスエンジニア向け案件紹介サービス「SEプランナー」によると、C#.NET案件の平均的な月単価は70万円ほどとなっていました。これは全体的な傾向としては中程度の平均単価で、今後C#.NETが主流になるにつれて単価は上昇すると予測されます。

フリーランスエンジニアの平均単価は高い傾向にあり、経費などを加味しても高収入を得られる可能性が高いといえます。もし現在の収入が低いと感じたら、一度フリーランスエンジニアになる選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

【最新】C#.NET案件の特徴

最新のC#.NET案件の特徴としては、業務用アプリケーションの開発案件とゲームの開発案件が多く見られることが挙げられるでしょう。

特に前者である業務用アプリケーションの開発の需要は高まっており、クラウドサービスとの連携やWeb開発技術を併用したC#.NET案件が多数見られます。

こういった案件では、SQL ServerやASP.NETのスキルセットがあるとより重宝される傾向にあります。C#.NETエンジニアの皆さんは、これらを扱えるスキルも併せて身につけておくと良いかもしれません。

今後どうなる?C#.NETの将来性

結論から言ってしまうと、C#.NETの将来性は非常に高いと考えられます。

これには、C#.NETが多くの案件に適応できる応用性を持った言語・フレームワークであることや、.NET Coreへの移行によるモダンな開発への対応、VR技術の普及によるUnityエンジニアの需要急増などが理由として考えられます。

また、C#.NETが公開されてから約15年~20年が経過したことから、既存のシステム改修や保守の案件も少しずつ出始めています。こういった点からも、C#.NETの将来性は高いと判断されました。

今からC#.NETエンジニアを目指すなら

それでは、これからC#.NETエンジニアを目指すにはどのようにすればよいのでしょうか。最後に、C#.NETをこれから学習するための最短ルートのひとつをご紹介します。

こんな勉強法なら最速で学べる

C#.NETを学ぶには、まずドットインストールやpaizaといった学習サイトのほか、マイクロソフト社が公式でリリースしている「Microsoft Virtual Academy」などを利用してC#.NETの基礎を学ぶと良いでしょう。

また、Unityエンジニアを目指したい方は、Unity独自の仕様などを併せて学ぶために書店などに並んでいる入門書を購入し、一通り学習を進めると早く知識を身につけることができるでしょう。

その後、自分が作りたい・アサインしたいアプリケーションの種類に応じた周辺のスキルを身につけたり、他の.NET系言語の学習やUIデザイン、SQLなどの知識を身につければ鬼に金棒です。

就職活動・転職活動はプロに任せるのが賢い

そしてある程度のスキルが身についたら、いよいよ就職活動・転職活動を進めていきましょう。しかし、就職活動や転職活動は個人で行うには非常に困難なもの。

特にフリーランスエンジニアを目指す方にとっては、好条件な案件をひとりで探すのはほぼ不可能と言っても過言ではありません。なぜなら、好条件な案件ほど外部に公開されない非公開案件であることが多く、そういった非公開案件の情報はプロのエージェントなどが独占してしまっていることが多いのです。

ですので、まず就職活動や転職活動を行う際は、プロの手を借りることを考えてみましょう。プロの手を借りることで、空いた時間を有効活用しさらなるキャリアアップを目指すこともできるでしょう。

おわりに

C#.NETは、さまざまな用途に応用できる将来性バツグンの言語です。今後.NET Coreの隆盛などによってトレンドが変化することも考えられるため、情報を逃さないようにしましょう。

皆さんも、C#.NETを学んでキャリアアップを狙ってみてはいかがでしょうか。

無料SEプランナーはフリーランスエンジニア向けの案件情報サイトです

開発会社が運営しているSEプランナーは、高待遇で上質な案件が多数揃っています。
専門知識のあるスタッフが、フリーエンジニアのみなさまにぴったりな案件をご紹介いたします。

フリーエンジニアのみなさまに選ばれる理由
★技術力が強みの開発会社が運営
★エンド・元請け直案件が豊富
★案件紹介などのサービスはすべて無料
専門知識が豊富な担当者によるサポート
★有料職業紹介ではなく請負・受託案件のご相談

無料登録をして
案件を紹介してもらう