活躍中のフリーエンジニアが意識する成功の秘訣とは|
フリーランスエンジニアの求人案件・仕事、募集サイトならSEプランナー

電話番号

無料登録
フリーランスエンジニア向けのIT求人・案件TOP お役立ちコラムコラム活躍中のフリーエンジニアが意識する成功の秘訣とは

POST DATE | 2018.03.06

活躍中のフリーエンジニアが意識する成功の秘訣とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

成功すれば年収1000万円を超えるケースも少なくないフリーエンジニア。

将来を考える上で持っておきたい選択肢とは言え、「成功するためにはどうしたらいいの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな疑問を解決するフリーエンジニア成功の秘訣を7つご紹介します。

フリーエンジニア成功の秘訣7つ

1. 人脈を持っておく、作っていく

フリーエンジニアと会社員の一番の違いは、自分で仕事を取りに行かなければならない点です。

「営業なんてやったことないよ」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?
でも心配はいりません。
“営業”と難しく考えず、まずは人とのコミュニケーションを積極的に取るようにしましょう。

例えば、エンジニアを対象にした勉強会や交流会に参加してみるのも、一つの方法です。
「イベントで意気投合した人から、大きな案件をもらえた」という話もよく聞きます。
自分のスキルアップや人脈を作るためにも、交流の場には積極的に顔を出すことが大切です。

もちろんエンジニアの案件紹介サイトなどで仕事を見つけることが可能ですが、案件獲得以外にも、人脈は様々な場面であなたを助けてくれるはずです。

2. 十分な仕事の時間を確保する

その名の通り時間が自由に使えるフリーエンジニアには、いわゆるコアタイムというものがないため、仕事とプライペートを混同しがちです。

都合に合わせて時間を自由にできるメリットはありますが、プライベートを優先しすぎると後から困るのは自分です。
仕事にあてる時間は十分に確保しておくことが大切です。
1日の中で仕事をする時間を決め、働き方の基本となるスケジュールを作っておきましょう。

3. 工数を正確に見積もる

フリーエンジニアになってからの仕事は、コードを書いて納品するだけではありません。

プロジェクト開始前や進行中のミーティング、案件によってはPM業務、そして、万が一納品後にトラブルが起こってしまった場合はその対応など…。
フリーエンジニアとして仕事をすると、様々なことへの対応が必要になります。

プログラミングに掛かる工数だけを見積もってスケジュールを立ててしまうと、「掛かる時間と工数が報酬と合わない」などの悲惨な結果になってしまうことがあるかもしれません。

大切なのは業務一つ一つに掛かる時間を正確に見積もっておくこと。
クライアントと契約をする際には、自分の仕事内容、スケジュール感やクオリティへの期待値などを明確にした上で、必要な工数をしっかり見積もりましょう。

4. 体調や時間の管理を徹底する

基本給や固定給がないフリーエンジニアにとって、開発現場からの長期離脱は絶対に避けたいトラブルの一つです。
納期前など一時的に休みなく働く時期ができてしまうのは仕方がありませんが、休みなしの全開スケジュールが慢性化してしまうと危険です。

オンとオフのメリハリをつけながら生活リズムを整えることが大切です。
体調管理も仕事のうち。
運動・食事・生活リズムなども意識しながら、健康的な生活を送るよう心がけましょう。

時には意図的に休む時期を作るのも、フリーエンジニアとして長く活躍し続けるポイントです。

5. 売上目標は会社員時代の給料よりも少し高めに設定する

売上の目標は、体を壊さない程度に高く設定しましょう。
目安は会社員時代の給料よりも少し高めくらいが良いでしょう。

体調を壊して数週間仕事ができない。予定外の大きな出費が発生してしまった。
などなど、気をつけていても不測の事態は起こってしまうものです。
会社員時代の有給やボーナスといった概念がフリーエンジニアにはないため、万が一に備えた貯蓄はしておきたいところです。

独立前に十分な資金を用意しておくことも大切ですが、長く安定的に活躍し続けるためにも、持久力のある稼ぎ方を身につけましょう。

6. 失敗を気にしすぎない

相手があっての仕事ですから、当然、全てが思い通りに行く訳ではありません。
個人差はありますが、失敗は誰にでもありますし、みんな失敗を糧に成長していくものです。

クライアントから叱責されたり納得の行かない結果に終わることがあったとしても、過度に気にしすぎるのは禁物。
成功している人ほど失敗をポジティブに捉え、その経験を次へのノウハウへと変換し、活かしています。

反省・改善をしつつも、気持ちを上手に切り替えメンタル面を健康に保つもの、フリーエンジニアのスキルの一つです。

7. 勉強をサボらない

今さら言うまでも無いかもしれませんが、やはり継続的な勉強は必要です。
技術のトレンドはどんどん変わっていくものですから、その動向には常にアンテナを高く張っておきましょう。
人脈を広げる意味も込め、勉強会や交流会に参加するのも情報収集の一つの手です。

その時々の旬の技術を捉えておけば、案件獲得なども有利になります。
自分の市場価値を上げるための努力は、継続して行きましょう。

まとめ

1. 人脈を持っておく、作っていく
2. 十分な仕事の時間を確保する
3. 工数を正確に見積もる
4. 体調や時間の管理を徹底する
5. 売上目標は会社員時代の給料よりも少し高めに設定する
6. 失敗を気にしすぎない
7. 勉強をサボらない

今回は、フリーエンジニアとして成功するために意識したい7つのポイントをご紹介しました。
まとめると「体調管理」や「将来設計」「成長」も含め、自己管理をきちんとするということが、成功の秘訣ということが見えてきます。

もちろん、最初から全てを完璧にできている必要はありません。
既にできていること、まだできていないことを整理して、ご自身の仕事スタイルや生活スタイルを整えて行きましょう。

参考:https://fa-works.com/blog/freelance-developer-success-tips
このエントリーをはてなブックマークに追加

案件数20,120件 開発会社が運営だからフリーランス向けの優良案件多数

5つの魅力

常駐型フリーランスとは

個別相談会

謝恩忘年会

ご利用者の声