フリーランスエンジニアの武器となる名刺の作り方!載せるべき情報は?|
フリーランスエンジニアの求人案件・仕事、募集サイトならSEプランナー

電話番号

無料登録
フリーランスエンジニア向けのIT求人・案件TOP お役立ちコラムコラム仕事の探し方フリーランスエンジニアの武器となる名刺の作り方!載せるべき情報は?

POST DATE | 2019.06.14 UPDATE | 2019/07/25

フリーランスエンジニアの武器となる名刺の作り方!載せるべき情報は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、フリーランスエンジニアとして活躍する皆さんは、どのような名刺をお持ちでしょうか?会社員から独立しフリーランスエンジニアとなった方の多くが、仕事を始めるための準備としてご自身の名刺を作ったのではないでしょうか。
社会人として当たり前のツールとして持つことが多い名刺ですが、あの小さなスペースでの工夫が、意外にも仕事の獲得に影響することがあります。
今回は、そんなフリーランスエンジニアの名刺についてお話しします。

名刺は大事な営業ツール

例えば知人の紹介で、エンジニア同士の交流会で。フリーランスエンジニアとして仕事をしていくと、様々な方にお会いしご挨拶をすることになります。その際、自分を認知してもらうためのツールとして渡すのが名刺です。
名前や連絡先が書かれた名刺を渡すことで、後日連絡をもらうことがあります。もしかしたら、その連絡が仕事の依頼なんてことも…。実は、普段何気なく交換している名刺は、一度ご挨拶した方に自分の連絡先を残すことができる重要な営業ツールなのです。
ふとした時に思い出してもらうなど、ちょっとの工夫であなたの仕事獲得を助ける名刺とは?
いくつかの例を挙げながら見ていきましょう。

今すぐ高単価の案件を紹介してもらう

SEプランナー登録はこちらから

  • 完全無料
  • 万全のプライバシー保護
  • しつこい連絡は一切なし
お名前をご入力ください
STEP
STEP
STEP
お名前

次へ進む

ご連絡先をご入力ください
STEP
STEP
STEP
メールアドレス
お電話番号
 -  - 

次へ進む

戻る

スキルシートをお持ちの方はアップロードしてください
STEP
STEP
STEP
スキルシート

個人情報の取扱いについてご同意の上、
「同意して無料で登録する」ボタンをクリックしてください。

戻る

どんな情報を載せるべきか?

まずは、基本情報としてどのような情報を載せたら良いのでしょうか?
会社員であれば、「社名(事務所名)」「肩書き(役職名)」「氏名」「住所」「連絡先(電話番号、メールアドレス)「ロゴ」などが一般的です。しかし、自宅で仕事をしているフリーランスエンジニアとしては、名刺に住所を載せるべきかも悩ましい問題となります。
とは言え、お客様を相手に仕事をしていく上で、名前や住所、連絡先はやはり載せないわけには行きません。現在名刺に住所や連絡先を載せてはいるものの、どうしても抵抗があるという方のために、プライベートと仕事を分ける対策をご紹介します。

住所・電話番号

住所や電話番号が記載されていない名刺には信用力がありません。住所は名刺を作る上では必須の情報と言えるでしょう。
どうしても、自宅の住所を特定されたくない時は「バーチャルオフィス」を利用するという方法があります。バーチャルオフィスは、実際に事務所を借りるのではなく、月々の利用料を支払って住所や電話番号だけをレンタルするサービスです。郵便物や電話などが自宅に転送されるため、自宅とな異なる住所や電話番号を名刺に記載しても、きちんと相手と連絡を取ることができます。
※最近では、バーチャルオフィスを使った詐欺被害も増えてきているため、利用する際は慎重に検討するようにしましょう。

携帯電話の番号

フリーランスエンジニアとして個人で仕事をしている場合、外出すると重要な電話を受けることもできなくなってしまいます。もちろん必須ではありませんが、業務専用の携帯電話を用意して番号を名刺に記載する方が、円滑に仕事をするためには無難と言えるでしょう。

メールアドレス

こちらも、現代のビジネスには欠かせない連絡手段の一つです。しかし、フリーのアドレスでは社会的な信用が得難いという課題もあります。
理想は、仕事専用のメールアドレスを取得すること。社名や事務所名などを作成し、独自ドメインのメールアドレスの取得を検討しても良いでしょう。

肩書き

実は、ビジネスの現場で相手によく見られているのが、この「肩書き」です。どんな仕事をしているのか。また、どのようなポジションの人なのか。相手は名刺に書いてある肩書きから瞬時に判断しているのです。
逆に言えば、肩書きをきちんと書くことで、自分がどのようなポジションでどんな仕事をしているかを相手に知らせることができるということ。自分の仕事が相手に伝わらなければ仕事にも結びつきません。肩書きはしっかり書くようにしましょう。

職種

単に「ライター」や「webデザイナー」といった職種名だけを書くのも良いですが、フリーランスにとって名刺は有力な営業ツールであることを考えると、自分をアピールする職種名を記載したほうが良いと思われます。
旅行記事に強いライターなら「旅するフリーランスライター」のように、自分のスキルをアピールするキャッチコピー的な職種を記載するとより注目されるでしょう。

専門的な資格

仕事に大きくかかわる資格がある場合はその資格名を大きめのフォントで入れたほうが良いでしょう。弁護士や公認会計士などがいい例です。なお、保有資格が多い場合は裏面などを使ってアピールする方法もあります。ただし、自分の業務に関係にある資格だけにとどめておく方が良いでしょう。

プロフィール(裏面)

自身の簡単なプロフィールを裏面に載せるのも効果があります。交流会など、名刺を交換しただけでは相手の印象に残らない場合でも、プロフィールがあると覚えてくれるというのはよくある話です。
後述するポートフォリオなどと合わせて自分をよりアピールできるプロフィールを簡潔に伝えるには効果的な方法です。

SNSの情報

プライベートな投稿がある場合は別ですが、FacebookやTwitterをビジネス活用している場合はそのURLを名刺に載せるのも良い方法です。Instagramで作品例を公開しているデザイナーなども多く、自分の業務や実績をSNSでアピールするなら名刺にその情報をぜひ載せておきましょう。

Webサイトやブログ情報

SNSだけでなく、ブログやポートフォリオなどを作成し実績をアピールしているフリーランスの場合、その情報を名刺に載せておいた方が良いでしょう。
特にポートフォリオは新規クライアント獲得の際に効果絶大です。プログラマーの場合のポートフォリオの作り方は過去記事「プログラマーのポートフォリオ作り方ポイントまとめ!」にありますので参照してください。

LINEのQRコード

どちらかというとプライベート利用が多いLINEですが、最近はビジネスで活用するフリーランスも増えています。ビジネスチャット的な使い方をすればクライアントとの迅速なやり取りにも使えるため、LINEアカウントをQRコード化して名刺に記載することもあります。

印象に残る名刺を作るための工夫

多くの方が交換した名刺を名刺フォルダーに保管します。パラパラとめくりながら名刺を見ている時に手が止まる。そんな名刺を作ることも意外と大切な要素と言えます。では、自分の名刺が埋もれてしまわないための工夫には、どのようなモノがあるのでしょうか?

色や形で目立つ

名刺と言えば紙でできた、いわゆる名刺サイズをイメージする方が多いのではないでしょうか?しかし、そこにルールはありません。
たまに見かける工夫としては、角が丸くなっている名刺やサイズが一回り小さい(大きい)名刺など。分厚い紙を使用している名刺もあります。変わった名刺としては、木でできた名刺や丸い名刺、キャラクターが型取られた名刺などもあるようです。
色についても、全面黄色など敢えて目立つ色を使う企業・人もいます。
こうした工夫の数々が、埋もれてしまわないための対策となります。あまり奇抜すぎるものは避けた方が良いですが、ある程度の工夫は名刺を交換する時の話のネタになりやすく、その後の印象にも残りやすいため、チャレンジしてみても良いでしょう。

独自の肩書きを作る

肩書きについては前の章でも触れましたが、フリーランスエンジニアであれば一般的な肩書きである必要はありません。自分のスキルを示す独自の肩書きを作り、名刺に記載するというのも一つの方法です。
例えば、「PHP・Rubyも操れるWebデザイナー」という肩書きを書きます。この肩書きからは、名刺の持ち主の職種と、どんなスキルを持っているのかがわかります。同じ職種のライバルとの差別化を図る意味でも効果的です。名刺を営業ツールとして機能させるためには、有効な工夫と言えます。

まとめ

支給された名刺を当たり前のように使っていた会社員時代とは違い、自分自身を売り込み仕事を獲得しなければならないフリーランスエンジニアにとって、名刺は非常に重要な営業ツール。小さな紙面とは言え、こだわりたいポイントはいくつもあります。
フリーランスエンジニアとして活躍している皆さんも、もう一度ご自身の名刺を見直して、仕事に活きる名刺になっているかを確認してみてはいかがでしょうか?

参考:https://itpropartners.com/blog/90/

このエントリーをはてなブックマークに追加

案件数20,120件 開発会社が運営だからフリーランス向けの優良案件多数

5つの魅力

常駐型フリーランスとは

個別相談会

謝恩忘年会

ご利用者の声