IoTサービス向け基盤システム開発|フリーランスエンジニアのIT求人・案件情報サイト

電話番号

無料登録

IoTサービス向け基盤システム開発の求人・案件

~70万円 /月 港区

案件番号 IPL18024592
案件内容 IoTサービス向け基盤システムの開発業務です。
基本設計・詳細設計・製造・テストフェーズをご担当いただきます。
精算基準時間 140-180h 勤務地 港区
必須スキル ・RubyonRailsでの開発経験。
・MySQLの使用経験。
尚可スキル ・Rubyでの開発経験。
・Linuxの使用経験。
・Gitの使用経験。
・GitHubの使用経験。
・Eclipseの知見。
案件分類 Web系  オープン・C/S系 
作業工程 基本設計  詳細設計  製造・コーディング  テスト 
職種・ポジション プログラマー(PG)  システムエンジニア(SE) 
開発言語 Ruby 
フレームワーク Ruby on Rails 
データベース MySQL 
OS Linux 
その他ツール Eclipse  Git  GitHub 
業界 サービス 

IoTサービス向けに基盤システム開発を行っていただきます。
RubyonRailsでの開発経験が豊富な方にオススメの案件です。
現場の稼働は安定しており、平均稼働は150~160h程度でございます。
同じ現場でSE・PGを複数名募集しております。

似ている案件

他の案件をお探しですか?

グラフ

サイトに掲載している案件は
ほんの一部!80%が
非公開案件です。

突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件などが多数あり、ご登録者限定でご提案しています。 フリーランス案件情報にご関心のある方はご相談ください。

よくあるQ&A

◆どんな資格を取ればいいかわからない、そんな方におすすめの人気資格

ITエンジニアの基本「基本情報技術者試験」 「基本情報処理技術者試験」は、ITエンジニアの登竜門と言われていて、ITの基礎的な知識・技能を持っていることを証明する資格です。基本情報処理技術者試験は国家試験で、IPA(情報処理推進機構 https://www.jitec.ipa.go.jp/)という独立行政法人が主催しています。

◆ワンランク上の「応用情報技術者試験」

「応用情報技術者試験」は、基本情報技術者試験の上位にあたる試験です。この試験に合格すると、ワンランク上のITエンジニアであることを証明できます。 試験は基本情報技術者試験と同様に、4月と10月の年2回行われています。 試験は午前と午後の二部制で、両方を受験する必要があります。

◆書類審査通過率を上げるスキルシートの書き方

記入必須項目はいくつかありますが、まずは経験・スキルです。 得意分野・技術・業務と置き換えても良いでしょう。 実務経験の中でも特に得意な分野、採用担当者へのアピールポイントとなる言語や業務内容を記載します。現在習得中の言語などがある場合は、備考欄などに記載することで積極性をアピールすることができます。

◆クライアントとの折衝などに“挑戦”したい場合のスキルシートの書き方

特にクライアントとの折衝経験がない場合は「クライアントのニーズやユーザーの生の声を聞くために努力してきたこととその成果」をメインに書きましょう。 顧客と話すポジションでは、コミュニケーション能力が強く求められます。そのため、チーム内でのコミュニケーションに関連する具体的なエピソードを記載するのも良いでしょう。

◆フリーランスが収める主な税金

フリーランスが納める税金は、以下の5つです。 以下のうち、個人事業税と消費税は一定以上の売上になると納める義務がある税金です。 1.所得税 2.住民税 3.個人事業税 4.消費税 5.国民健康保険料(税) 所得税とは、「所得」に応じてかかる税金です。所得とは、収入から経費などを引いた、儲けにあたる金額のことを指します。

◆住んでいる地域によって異なる住民税

住民税とは、自分が住んでいる都道府県や市区町村に支払う税金のことです。住民税は、住んでいる市区町村によって金額等が異なりますので、詳しくは、自身の管轄の市役所・区役所で確認してみましょう。 確定申告をした後、住民税の納税額が決定すると、市区町村から個人へ決定通知書や払い込み用紙が送られてきます。