【Android Java】不動産業者向けIoTサービス開発|フリーランスエンジニアのIT求人・案件情報サイト

電話番号

無料登録

【Android Java】不動産業者向けIoTサービス開発の求人・案件

~75万円 /月 渋谷区

案件番号 IPL18074900
案件内容 不動産業者向けIoTサービスの開発案件です。
新規の開発業務です。
詳細設計・製造・テストフェーズをご担当いただきます。
精算基準時間 140-180h 勤務地 渋谷区
必須スキル ・Android Javaでの開発経験。
・Kotlinの経験。
尚可スキル ・Web APIの知見。
案件分類 Web系  オープン・C/S系 
作業工程 詳細設計  製造・コーディング  テスト 
職種・ポジション プログラマー(PG)  システムエンジニア(SE)  ITアーキテクト 
開発言語 Java  Kotlin 
OS Android 
業界 サービス  不動産 

モノとシステムをつなぐAndroidアプリの開発業務です。
調査等をご担当いただくITアーキテクトと、実装をお任せするプログラマー(PG)・システムエンジニア(SE)を募集します。

◇就業時間は9:30~18:30です。
◇複数のポジションがあります。

似ている案件

他の案件をお探しですか?

グラフ

サイトに掲載している案件は
ほんの一部!80%が
非公開案件です。

突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件などが多数あり、ご登録者限定でご提案しています。 フリーランス案件情報にご関心のある方はご相談ください。

よくあるQ&A

◆どんな資格を取ればいいかわからない、そんな方におすすめの人気資格

ITエンジニアの基本「基本情報技術者試験」 「基本情報処理技術者試験」は、ITエンジニアの登竜門と言われていて、ITの基礎的な知識・技能を持っていることを証明する資格です。基本情報処理技術者試験は国家試験で、IPA(情報処理推進機構 https://www.jitec.ipa.go.jp/)という独立行政法人が主催しています。

◆ワンランク上の「応用情報技術者試験」

「応用情報技術者試験」は、基本情報技術者試験の上位にあたる試験です。この試験に合格すると、ワンランク上のITエンジニアであることを証明できます。 試験は基本情報技術者試験と同様に、4月と10月の年2回行われています。 試験は午前と午後の二部制で、両方を受験する必要があります。

◆書類審査通過率を上げるスキルシートの書き方

記入必須項目はいくつかありますが、まずは経験・スキルです。 得意分野・技術・業務と置き換えても良いでしょう。 実務経験の中でも特に得意な分野、採用担当者へのアピールポイントとなる言語や業務内容を記載します。現在習得中の言語などがある場合は、備考欄などに記載することで積極性をアピールすることができます。

◆クライアントとの折衝などに“挑戦”したい場合のスキルシートの書き方

特にクライアントとの折衝経験がない場合は「クライアントのニーズやユーザーの生の声を聞くために努力してきたこととその成果」をメインに書きましょう。 顧客と話すポジションでは、コミュニケーション能力が強く求められます。そのため、チーム内でのコミュニケーションに関連する具体的なエピソードを記載するのも良いでしょう。

◆確定申告とは何か?正しい知識を身に着ける

確定申告とは、個人事業主や法人が納税額を確定させる手続きのこと。具体的には、申告を行う前年の1月1日〜12月31日で得た所得(収入—経費)を税務署に申告し、払いすぎた税金を還付してもらったり、足りない税金を支払ったりするための手続きです。申告の期間は、原則翌年の2月16日〜3月15日となっています。

◆青色申告と白色申告の違い

青色申告は、一定の水準を満たした記帳方法によって申告を行う方法。“正規の簿記”と言われる、複式簿記形式で帳簿に記入を行います。 白色申告は、「単式簿記」と呼ばれる簡易な記帳方法で確定申告を行うことができます。単式簿記はひとつの項目で仕訳を行い、収入と支出の合計額から現金収支を確認するシンプルな簿記形式です。