(中央区)【PMO】医療関連企業向けリニューアル | フリーランスエンジニアの求人案件・仕事、募集

電話番号

無料登録

【PMO】医療関連企業向けリニューアルの求人・案件

~75万円 /月 中央区

案件番号 IPL19045327
案件内容 医療関連企業向けのリニューアル案件です。
進捗管理・業務推進・品質管理をご担当いただきます。
精算基準時間 150-200h 勤務地 中央区
必須スキル ・PMまたはPMOの経験。
・データ移行プロジェクトの経験。
尚可スキル ・Windowsの導入経験。
・ビジネス英語。
案件分類 PM・コンサルタント 
作業工程 進捗管理  品質管理  業務推進 
職種・ポジション PMO 
OS Windows 
業界 医療  製造 

この案件について問い合わせする

ご連絡先をご入力ください

STEP
STEP
STEP
お名前必須
メールアドレス必須
お電話番号必須  -   - 

スキルシートをお持ちの方はアップロードしてください

STEP
STEP
STEP
スキルシート

ご自身で作成されたスキルシートがある場合、
こちらにファイルを添付してください。
([xls,doc,pdf,lzh,zip,txt,docx,xlsx]/MAX5MB)

質問・ご要望があれば
ご記入ください。
STEP
STEP
STEP

個人情報の取り扱いについて

アイピーロジック株式会社のSEプランナーサービス(以下、「本サービス」という)にご登録されたお客様の個人情報は、以下の通りお取り扱いいたします。下記の事項をご理解いただき、同意の上で個人情報をご提供ください。

1.個人情報を利用する目的
提供いただいた個人情報は、次の利用目的の範囲内で利用いたします。個人情報をお客様の同意なく必要な範囲を超えて利用することはありません。
(1)本サービスにおける「案件紹介サービス」及びそれに伴う業務連絡
(2)本サービスのユーザー登録管理及びサイト運営に関わるサポートのお知らせ
(3)当社または本サービスに対するお問合せへの対応
(4)個人を特定できないよう加工した統計データの作成
(5)当社のサービスに関する改善又は新たなサービスの開発
(6)案件紹介前のヒアリングの際、次の利用目的のため、特定の機微な個人情報(健康情報等)を取得します。
※医師の診断結果等に基づき、又は考慮し、お客様に適した案件をご紹介するため。

2.個人情報の第三者提供について
提供いただいた個人情報は、次の通り、第三者に提供いたします。
ただし、それ以外に、お客様の同意なく個人情報を提供することはありません。
(1)提供先:当社に業務を委託するクライアント
   ・第三者に提供する目的:案件紹介及びそれに伴う業務連絡
   ・提供する個人情報:氏名、連絡先、学歴、職歴、資格等のシステム開発業務に係わる必要情報
   ・提供の手段又は方法:暗号化によるデータ通信または手渡し
   ・個人情報の取扱いに関する契約:個人情報の取り扱いにつきましては、業務委託契約書により提供先が適切に個人情報保護を行なうよう義務付けています。
(2)提供先:銀行等の金融機関
   ・第三者に提供する目的:契約に伴う報酬のお支払
   ・提供する個人情報:氏名、口座番号
   ・提供の手段又は方法:暗号化によるデータ通信または手渡し

3.個人情報の外部委託について
提供いただいた個人情報は、委託することはありません。

4. 取得の任意性について
ご提供いただく個人情報は、お客様の自由なご判断に任されます。但し、個人情報の一部を提供していただけない場合は、案件紹介において適切な判断ができないことがあります。

5. 個人情報の開示等の請求について
ご提出いただいた個人情報について、当社が個人情報を有する期間(本サービスにてユーザー登録解除されるまでの間)は、利用目的の通知及び個人情報の開示、訂正、個人情報の追加または削除、消去や利用停止、提供停止を求める権利があります。個人情報の開示等の請求を行う場合は、下記までお問い合わせください。

〔個人情報に関するお問い合わせ先〕
アイピーロジック株式会社  個人情報相談対応窓口
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-17-17 井門本郷ビル4F
TEL:03-6240-0681    メール:privacy@iplogic.co.jp
個人情報保護管理者 細野 康典
(TEL:03-6240-0681)


※同意の確認は必須になります。

似ている案件

他の案件をお探しですか?

グラフ

サイトに掲載している案件は
ほんの一部!80%が
非公開案件です。

突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件などが多数あり、ご登録者限定でご提案しています。 フリーランス案件情報にご関心のある方はご相談ください。

フリーランス体験談

  • 開発言語ごとのコーディング規約がばらばら

    一昔以上前の話ですが、Windowsサービス(C++)、Windowsアプリケーション(WPF/C#)、Webアプリ(JavaScript)を同時進行で進めるプロジェクトがあり、一通り対応できる私は3日毎に違うグループで作業しているような状況でした。
    それぞれのグループには、各言語LOVEなメンバーが居いて、C++では関数名と変数名はスネークケースで、C#ではパスカルケースとキャメルケース、JavaScriptではキャメルケースメインとなっていたため、命名で混乱することがしばしばありました。
    特にC++のスネークケースとJavaScriptキャメルケースの手の動きの切り替えは、なかなかついていけない時があり、C++LOVEなメンバーに怒られたりしていました。(反対にJavaScriptチームは寛容でした)
    言語でなく、プロジェクトとしてコーディング規約を作ればいいのにと思うのですが、使用しているライブラリがそれぞれの言語のコーディング規約に従っているから、逆にコードがわかりにくくなって難しいのかな、とも思ったりします。
    最近では、リファクタリングツールが優秀になり、簡単に分析して修正できるので、作っているときの命名規則はどうでも良いのでは? と思うようになってきました。
    まぁ、その時の手と頭の混乱を乗り切ったからこそ、現状の爆速タイピングができるようになったので、結果良かったのかとも思っています。