高単価の案件 | フリーランスエンジニアの求人案件・仕事、募集サイトならSEプランナー

電話番号

無料登録
高単価の案件
高単価案件の特徴
6つの特徴
高単価求人の6つの特徴として①高いスキルが求められる案件、②上流工程に携わる案件、③希少価値の高いスキルが必要な案件、④参画期間が長い案件、⑤商流が浅い案件、⑥急募案件、が挙げられます。

一つずつ解説していきます。

①高いスキルが求められる案件
高水準のスキルを保持していれば高単価案件を受注しやすいです。
要件定義や基本設計から一通り作業ができることや、複数の技術を使いこなせることなど、様々な角度から「スキルの高さ」は定義できます。

②上流工程に携わる案件
コンサルタント、PMO、PM、また要件定義が得意なSEは、高単価案件に参画しやすいでしょう。

③希少価値の高いスキルが必要な案件
需要が高いものの人手が不足しているスキルとして、iOS、Andorid、AI(人工知能)関連が挙げられます。このようなスキルを持つエンジニアは重宝される傾向にあります。

④参画期間が長い案件
特殊なスキルがなくても、一つの案件に長期間参画し顧客にとって不可欠な人物になれば、単価交渉もスムーズになります。

⑤商流が浅い案件
技術者に真摯に向き合うエージェントは顧客からも信頼されており、商流の浅い優良案件を抱えている可能性が高いです。

⑥急募案件
何らかの事情により緊急で人員が必要となり、高単価で募集をかけることがあります。
その際、案件によっては稼働が高い場合があります。

このように、高単価案件には理由があります。
個人事業主が高単価案件に参画し続けるには、戦略的にスキルを磨くことが大切です。仕事の方向性に迷ったら、エージェントに相談するのも有効です。
求人・案件動向
市場のトレンド、ニーズを押さえて高単価案件を掴む!
現代のIT業界において、高単価の求人・案件は比較的偏っています。
トレンドであるスマホアプリケーション、AIに関わる案件では、単価が高めに設定されています。 Objective-C、Swift、AndroidJava、Ruby、Python、PHPなどの言語が該当します。 これらは、求人が多いのに対し、該当するスキルを持ったエンジニアが不足している状況です。 特に、AIの需要は急速に高まっており、企業は人材の確保に苦戦しています。

一方、コンサルタント・PMO案件は、開発案件ほど数が多くないため、高単価の求人に希望者が殺到することがあります。
他候補者との差別化を図るために、開発・構築経験をアピールするのも良いでしょう。
上流・管理工程のみの経験者より、実作業の流れを熟知した人材が優遇されやすいためです。

高単価案件を受注するには、市場のトレンド、ニーズを押さえながらスキルを磨くことが大切です。
まずは「高単価」可能案件をチェック!
ご登録後のサービスの流れ

1

フリーエンジニア登録&
希望案件にエントリー
検索ページから自分が希望する案件にエントリーします。

2

エントリー確認と
ヒアリングのご連絡
SEプランナーからエントリー確認とヒアリングのご連絡をご案内させていただきます。

3

ヒアリング
弊社担当者が、これまでの職務経歴、ご希望条件等をヒアリングさせていただきます。

4

案件のご紹介
ヒアリング内容を元に、弊社担当者から案件をご紹介させていただきます。

5

クライアント面談
面談を調整・実施致します。

6

就業条件の決定、契約
面談後、内容・条件のすり合わせを行い、双方に了承いただき、ご契約となります。

7

参画中のフォロー
現場での疑問点や不安点などは、お気軽に担当者までご連絡ください。

5つの魅力

常駐型フリーランスとは

個別相談会

謝恩忘年会

ご利用者の声